犬とキャンプを楽しもう!お隣のわんちゃんと近すぎない??ドッグフリーサイトの選び方⑧

こんにちわ、まひろです。

 

犬とキャンプ、
初心者の皆さん、少しずつイメージは
わいてきましたか?

👉Step1、希望に合ったキャンプ場探し
Step2、せっせと必要な道具などを準備
Step3、期待と不安を抱きながら現地へ
Step4、実際に現地で愛犬と楽しむ
Step5、名残惜しみながら帰途につく

 

Step1の希望に合ったキャンプ場探し、
「ドッグフリーサイトの選び方」

そろそろ終盤に入ってきました。

今回は、

犬とキャンプで気になるお隣さん
ドッグフリーサイト、気になる隣のサイトとの距離は?

について、書きたいと思います。

 

ドッグフリーサイトの種類

初心者の皆さん、
このサイトで私がずっと
柵つきのドッグフリーサイト
をお勧めしてますが、
お隣ってどうなってるのかなって
ちょっと気になりませんか?

「ドッグフリーサイトの種類」
と言っては
ちょっと大袈裟ですが、
ドッグフリーサイトにも

icon-adjustサイト同士がくっついていて、
 柵で仕切られているタイプ

icon-adjustサイト同士も離れているタイプ

二つのタイプがあります。

もちろん、どちらも柵がついているので
基本的に他のワンちゃんと自由に
触れ合えるという作りではありません。

が❗

フレンドリーなワンちゃんとはいえ、
やっぱりお隣にいるワンちゃんのことは
気になるものですよね💦

我が家の愛犬も
吠えるほうではありませんが、
近くのワンちゃんは気になるらしく、
隣のサイトでワンちゃんが遊んでいれば、
柵越しに追いかけてみたり。

フリスビーなんかが飛んでると、
自分も参加してるかのように行ったり来たり(笑)

上の写真のように、
柵の隙間から様子をうかがってたりもします。
(もう少し柵の上下幅が狭いキャンプ場が
多いですけどね)

もし、遊んでコールをするワンちゃんだと、
そのコールが周りにご迷惑に
なってしまうかもしれません😱😱

サイトタイプはわんちゃんの性格で選ぼう!

というわけで、

ドッグフリーサイトを選ぶ際は、

わんちゃんの性格で決める

というのも一つの大きなポイントです。

柵越しに、お隣のわんちゃんが気になって
追いかける程度ならまだ何とかなりますが、
吠えてしまうようだと、
私たち飼い主側もヒヤヒヤしちゃいますね。

決して、
悪い意味で吠えているわけではなくても、
犬連れ専門キャンプ場でない限り、
犬が苦手なキャンパーもいます。

愛犬の性格を考えて、
極力穏やかに過ごせそうなドッグフリーサイトを
選んでみましょう!

わんちゃんが
近くに別の犬や人がいて、
別行動をしていても
穏やかに過ごせそうかどうか

を、考えてみるといいかもしれませんね。

ドッグフリーサイトのここに注目!

お隣との距離感、
他のわんちゃんとの距離感で
ドッグフリーサイトを選ぶときは、
ここに注目してみましょう。

icon-adjustドッグフリーサイト同士が
隣り合っているかどうか

 

隣り合っているなら、
どの程度の柵で仕切られているか

 

ドッグフリーサイトの近くに
ドッグフリーサイトではないサイトがあるか

 

ドッグフリーサイトは
他のキャンパーの通り道に面しているか

こんなところに注目してみては
どうでしょうか?

ドッグフリーサイト、
私たちもわんちゃんも、
とっても快適なサイトです。

あとは、自分たちのスタイル、
わんちゃんの性格に合わせて、
より、快適に過ごせる環境を
見つけられると、
もっともっと、
愛犬とキャンプが楽しくなりますよ💖

 

ドッグフリーサイト、お隣さんとの距離感

ドッグフリーサイト、
お隣のサイトや、
他のキャンパーたちとの距離感で、
サイトを選ぶのも一つのポイントだと、
ご紹介しました❗

色々なキャンプ場があるので、
HPの画像や、
キャンプ場のキャンプサイト配置図
投稿されている画像を参考に、
ドッグフリーサイトの場所、
ドッグフリーサイトの周辺環境、
お隣のドッグフリーサイトとの距離など、
注目してみるといいですね‼

 

それでは、
次回は、荷物運びには重要

サイトから車までの距離は?

について、書こうと思います。

 

⬅犬とキャンプ!わんちゃんも快適!
ドッグフリーサイトの選び方⑦電源付きサイトの上手な使い方!

 

犬とキャンプに行こう!
キャンプ初心者のための、
犬とキャンプの準備ガイド、連載中です🐾

⬇こちらのカテゴリー一覧からどうぞ