壊れた!犬の水飲みのためのおすすめリッチェルの給水器、4年使った感想と評価

こんにちは、まひろです。

先日、犬の水飲み給水器を買い換えました!

初心者の頃、悩みに悩んで買った
リッチェルの受け皿式の給水器、
4年たってどうだったのか、レポしますね。

犬の給水器はどれがおすすめ?

このリッチェルの給水器、
1度失敗して2度目に買いなおしたものです。
購入当時の記事です⇊

犬の水飲み器(給水器)の選び方、どんな種類がある?おすすめは?
犬を飼う準備で欠かせない、水飲み器(給水器)。水さえ飲めればと考えがちですが、実はとても大事な役割があるのです。犬の水の飲み方から見る、最適な水飲み器(給水器)も選び方、種類、おすすめをまとめてみました。給水器を選ぶ際に参考にしてくださいね。

4年使ってみた感想として、
これでよかったなと思ってます。

上の記事内で紹介した、
最初に購入したノズル式タイプはこれ⇊

リッチェルが出してるかなり有名なものですが、
やっぱり水の出が少なすぎて
ワンちゃんにとって大変です。

同じリッチェルですが、この受け皿タイプ(これですね⇊)
飲みたいときにはぺろぺろ舐めて、
受け皿の半分くらい飲んでしまいます。

そう考えると、ノズル式は
わんちゃんにとってかなりしんどい。

ワンちゃんだって水分補給は必須です。
楽に飲ませてあげたいですね。

4年で壊れました

さて、この受け皿式の給水器ですが、

4年で壊れました

この給水器、受け皿の水がある一定以下になると
ペットボトルから自動的に水が給水されるのですが、
されなくなっちゃいました

気づくと受け皿が空っぽに
ペットボトルをシュパシュパ押して
手動で水を出していましたが、
水がなくなっていることにうっかり
気づかないこともあったりしたので、
買いなおしました。
高いものでもないですしね。

特に使用感に文句はなかったので、
同じものをリピ買いです。

リッチェル給水器、つけてみるとこんな感じです

届いた商品はこんな感じです。

これは、Sサイズなのですが、
サイズ感がわかりにくいと思うので、
うちの愛犬と撮影してみました

ヨーキーで3キロだとこんな感じです。
(なぜか急に置いてあったキャリーに入り始めたので
そのまま撮影です

わが家の愛犬だとこのサイズ感でちょうどいいので、
参考にしてもらえればと思います。

さて、付け替えてみます。

パーツが左側(ペットボトルをさす方)と
右側の止めるほうに分かれているのでケージの適当な位置ではさみます。

位置を固定したら、まっすぐなことを確認してねじで止めます。

ペットボトルを専用キャップでしめ、逆さにして左側の穴に差し込んで終了。

そうすると、自動的にペットボトルから
受け皿に給水が始まり、一定のところで止まります。

つけ方も簡単だし、とっても便利。
床に水がこぼれることもなく、快適ですね。

4年使ってみて

リッチェルの受け皿式給水器、
つけ方も簡単で、電気代いらず、
お値段も安く、4年も持てば耐久性も十分。

ということで、
今回はリッチェルの受け皿式給水器を
ご紹介しました。

どのワンちゃんも負担なく飲める
形じゃないかと思うので、ぜひ検討の品に
追加してみてくださいね。