犬とキャンプ、ドッグフリーサイトってどうやって選ぶ?⑤日陰って必要?

こんにちは、まひろです。

GWもあっという間‼
に過ぎてしまいましたね。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
我が家は一泊ですが、
キャンプに出掛けてきました。
そのレポは後日UPしますね。

さて、
犬とキャンプに出かける際の
キャンプ場選び、
ドッグフリーサイトの選び方のポイント、
お役に立てているでしょうか?

現在、ここです⬇

👉Step1、希望に合ったキャンプ場探し
Step2、せっせと必要な道具などを準備
Step3、期待と不安を抱きながら現地へ
Step4、実際に現地で愛犬と楽しむ
Step5、名残惜しみながら帰途につく

犬とキャンプなんて、ハードル高すぎと
思っている初心者の皆様に、
少しでもお役に立てればと思ってますので、
ぜひ、参考にしてもらえると嬉しいです。

今回は、
希望に合ったキャンプ場探し、
ドッグフリーサイトを選ぶポイントその④です。

暑さ対策が心配なんだけど?

犬とキャンプですが、
そもそも、わんちゃんにとって
特に日中の暑さについて
心配になりませんか?

そこで今回は
ドッグフリーサイトには日陰ってあるの?
について書きたいと思います。

ドッグフリーサイト、日陰って必要?

キャンプ場選びをする際、
サイト選びのポイントとして
日陰があるかないか、も
チェックするポイントになります。

わんちゃんはただでさえ人間より
地面に近い位置にいるので
照り返しの影響もうけやすいです。

私たちが感じているよりも
暑さを感じているので
気を使ってあげましょう。

とはいえ、
日陰ばかりでも、
標高が高いキャンプ場の場合
特に朝晩冷えますのでご注意を

もし、ドッグフリーサイトの写真などで
確認ができるのであれば
木陰、日陰の出来具合もチェックしてみると
いいですね!

もちろん、暑い中、私たちにとっても
木陰や日陰はほっと一息つけるスペースに
なることは間違いなしです。

日陰や木陰があるかどうかわからない時は

「我が家の愛犬は暑いのが苦手、
だけど、サイトに日陰があるかどうか
わからない・・・」

という場合、

キャンプ場によっては
「木陰サイト」
とか
「木陰あり」
とか、サイトの説明に記載してくれている
ところがあります。

写真だと季節によって
日陰のでき方は違ってきますが、
キャンプ場の説明に書いてあれば
安心して予約することができますよね。

どうしても心配な場合は
最終手段?!
キャンプ場にTELして聞いてみましょう📞
どのキャンプ場も丁寧に教えてくださると
思います。

日陰のあるサイトが取れなかった!場合

日陰のあるサイトが取れなかった・・
という場合は、
ワンちゃんのために必ず
日陰を作ってあげましょう。

テントを張った後はテント内でも
いいかと思いますが、初心者だと
テント張りにも時間がかかり、
その間のワンちゃんの様子も気になるところ。

そんな時に役立つのが
普段使っているキャリーや
こんな感じのBOXをポイっとおいておけば
安心ですね。

タープがある場合は
先にささっとタープを張って
日陰を確保してあげるのも手です。

その場合、地面から離れられるように
ワンちゃん専用の椅子やソファーがあると
より快適にすごせるのではと思います。

 

まとめ

今回は、

犬とキャンプ、日陰って必要?
について、まとめてみました。

ある程度暑い季節になってくれば
あるには越したことはありません。

が、
キャリーで代用するもよし、
さっとタープを張るもよし、
わんちゃんの
暑がり寒がり具合に合わせて、
工夫してあげてくださいね。

ちなみに・・・ 【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

で、 気になるテントを発見!


タフスクリーン2ルームハウス【別注モデル】

今までコールマンにないイメージのカラーで
さらに2ルーム、
1人でも設営できる簡単アシスト機能付き
っていうのに惹かれ、
さらに別注モデルってのもくすぐられまくってます😍

 

急いでー!夏休みのキャンプ場予約、ドッグフリーサイトは争奪戦になってます!!