犬とキャンプに行こう!ドッグフリーサイトの注目ポイントその②は「地面の違い」!

こんにちわ、まひろです。

「意外と簡単!犬とキャンプはこの順番に準備しよう!」シリーズ(勝手に命名)

連載中です!

現在はこちらのStep1

👉Step1、希望に合ったキャンプ場探し
Step2、せっせと必要な道具などを準備
Step3、期待と不安を抱きながら現地へ
Step4、実際に現地で愛犬と楽しむ
Step5、名残惜しみながら帰途につく

前回は
犬とキャンプ、ドッグフリーサイトはここに注目①

ということで、
ドッグフリーサイトの柵について
チェックポイントをまとめてみました。

今回はチェックポイントその②

「地面の違い」

について、お話ししますね。

ドッグフリーサイトの地面って?

 

キャンプ場のドッグフリーサイトの地面は
ざっくり分けて3種類あります。

icon-adjust芝生
icon-adjust砂砂利
icon-adjustウッドチップ(木を砕いたもの)
 こんな感じの⬇

 

それぞれのメリットデメリットについて
見ていきます。

 

ドッグフリーサイトの地面によるメリットデメリット

芝生

メリット
 ・夏でも暑くなりすぎず
  わんちゃんにも優しい。

デメリット
 ・芝生の夜露でわんちゃんも濡れる。
 ・芝生が体につく。
 ・雨が降ると土がドロドロになる。
 ・落ちているものが見分けづらい。
  (誤飲の原因)

 

砂砂利

メリット
 ・落ちているものが比較的すぐ目に付く。
  (誤飲防止)
 
デメリット
 ・体が砂だらけになる。
  ⇒テント内も砂だらけに💦
 ・砂を食べてしまう。
 ・砂が口や目に入ってしまう。
 ・日差しの強い日には
  地面が暑くなりすぎる可能性。

 

ウッドチップ

メリット
 ・地面が熱くなりすぎない。
 ・砂まみれ芝生まみれ、
  土まみれになる心配がない。

デメリット
 ・チップをかじってしまう。
 ・落ちているものが見つけづらい。
 ・夜露で湿気る。

 

思いつくままに書いてみましたが、
こんなところでしょうか。

この中で、
犬連れの視点で気になるところを
挙げてみますね。

 

誤飲⇒通常のビニールごみなどもですが、
   BBQなどの竹串、つまようじ、
   アルミホイル、ビニール、
   プラスチック片、釘、針金など

   また、食材の玉ねぎなどが
   落ちている可能性があります。
   
     以前行った川沿いのサイトでは、
   釣り針が落ちてたことが
   ありました😖
   サイトに着いたら、
   わんちゃんを放す前に、
   家族総出でサイトの
   ゴミ拾いをお勧めします‼
   
   パッと見では何も落ちていなくても、
   しっかり見て回ると
   小さいごみ袋一杯分くらい
   拾うこともあります。
   何か落ちていないか、
   常に気を配りましょう☝

 

砂 ⇒体が砂にまみれてしまうと、
   落とすのが大変。
   夏なら洗い流せばよいのですが、
   春秋だとわんちゃんも寒いです。

 

芝 ⇒肌が弱い子だと、
   肌荒れしてしまう可能性も。

それぞれメリットデメリットがありますよね。
皆さんは、どの点が一番気になりますか?

気になる点はわんちゃんや
飼い主さんによってそれぞれ。

芝生でまみれるのは避けたいなあ、、、💧
荒れちゃうしなあ・・というわんちゃんも
いると思いますし、

砂地でまみれるのが嫌だなあ😖
という飼い主さんもいると思います。

誤飲がやっぱり怖いので
落ちたものが見にくいのはちょっと…💦
という意見もきっとありますよね。

どのサイトも一長一短。
いろんな可能性を考えて、
自分たちやわんちゃんに
一番合っていると思うサイト選びが
できるといいですよね!

ちなみに…
我が家はテント内に砂が入ってくるのが
どうも抵抗があります💦

まとめ

今回は、
ドッグフリーサイトの地面の違い、
そのメリットデメリット

についてまとめてみました。

メリットを生かし
デメリットに対しては
最大限の対策をして、
キャンプに向かいましょう‼

皆さんが、
不安なくキャンプに行こう!
と思えるように、実体験に基づいて
自分たちが感じてきたことを
徐々にUPしていきますね。

次回はチェックポイント

「サイトの広さはどのくらいが適当?」

について、まとめてみますね!

 

 

 

⬅犬とキャンプ、ドッグフリーサイトはここに注目①!ポイントその1はココ 

 

 

<今までのキャンプ記事一覧>
⇒犬とキャンプは簡単!犬連れキャンプは難しいと思ってるあなたへ!
⇒犬とキャンプに行こう!この視点で見る!キャンプ場の探し方13のポイント
⇒犬が喜ぶキャンプ場を探そう!犬とキャンプなら断然ドッグフリーサイトがおすすめ!
⇒犬とキャンプ、ドッグフリーサイトはここに注目①!ポイントその1はココ!